AHCCの基礎知識

AHCCの健康効果

AHCC

AHCCの主成分は部分的にエステル化されたアルファグルカンだと言われていることは先述した。

では、具体的にAHCCは私たちの身体にどのような作用があると言われているのか。

あくまでも健康食品なので効くとは書けないが、グルカン自体に免疫力をあげて、腫瘍の発生を抑える効果があると言われている。

昆布やキノコの摂取が勧められる背景のひとつである。理論的には通常の食品でも免疫活性化はできると言われている。

しかし、食品として普通に摂取する量では気が遠くなるような時間がかかり、腫瘍の成長の方が早いことが多いので特に作用が早く吸収されやすい形にした成分を摂取する。

そのひとつがAHCCである。腫瘍の成長、がんの転移を抑える作用と共に抗がん剤の副作用から体を守る作用があるとも言われ、海外では化学療法(がんを抑えるために薬を投与したりする療法の事。

初期の癌はこれで対応できると言われている。抗がん剤によるがん細胞の死滅が期待されるが、痛み脱毛等の副作用も大きい)と併用されることが多いという。

現在効果の検証研究を深めるために厚生労働省が主体となっていくつかの大学で研究を続けているというので注目したい。

また、免疫力を高めることで感染症、インフルエンザや結核などの予防にもつながるのではないかと言われている。

また、マウス実験では糖尿病などにも良い方向に作用するのではないかという研究成果が得られており、今後が期待されている。

AHCCは日本生まれの成分だが、海外でも注目され、アメリカ、アジアなどでも販売されているという。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-AHCCの基礎知識