AHCCの基礎知識

AHCCの味はどうなんだろう

AHCC

サプリメントの摂取をする際に気になることの代表例は、安全性、効果、価格、手に入りやすいか否かといった事であると思われるが、食味も大事な要素である。

毎日連続して摂取するものなので美味しいに越したことは無い。

メーカーにもよるが、AHCC自体の食味はそう美味ではなく、溶けるときに苦みがでることがあるという。

すぐに喉を通過する錠剤タイプを選ぶか、ヨーグルトなど他の食品に混ぜて摂取するのが一般的だそうだ。

元はキノコであるので顆粒を溶かしたものはダシの味がすることがあるという。

特に子供にはなれない食味で飲み込みにくいそうなのでオブラートに包むか、薬用のゼリーなどに混ぜて飲ませてあげるといい。

また、砂糖や蜂蜜を混ぜると大体の顆粒は飲みやすくなるようである。他に激薄ココアと評する人もいるし、エキス剤は黒砂糖のシロップと評する人もいて感想はまちまちだ。

同じキノコ系の霊芝やアガリクスよりは飲みやすいという噂ではある。

中には飲みやすいようにフレーバーをつけた物もあるので好みのものを選ぶとよい。

熱変性はないのでスープや料理に混ぜて食べてしまうというのも手であるかもしれない。

ただし、その場合は残さず食べることが前提条件になるというが。

なお、人の味覚は必要とするものを美味しいと感じる傾向があると言われ、他人から見るととんでもない臭気を放つ漢方薬でも見立てが合えば苦も無く飲めることがあるという。

青汁などの苦みを好きだという人は体がそれを求めているからだと説明がされる。

AHCCも味が気に入ったらしめたものという事であろうか。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-AHCCの基礎知識