AHCCの基礎知識

AHCCの副作用

AHCC

AHCCの特徴のひとつとしてその安全性の高さが挙げられている。

別項で詳細を記述するが、普段私達がよく食べているシイタケの仲間などの食品用キノコが原材料の健康食品である。

医薬品ではなく健康食品なので、多量に摂取しても心配はないとされる(但し、対費用効果は別である)飲用に際しては年齢も問わず、
特にキノコアレルギーの人、
膠原病、
後天先天的な免疫異常の患者、
妊娠中の女性と言ったケースでもなければ摂取にまつわる制限もないようだ。

これらの特記事項は「念のため」の措置で医師に相談して飲用が許可されるケースも多いと言われている。

実際のところ副作用は今までに1例も報告されていないという。

同じキノコ系のアガリクスの1部商品が往時、発がん性を持つのではないかと騒がれたのとは対照的に静かな印象のサプリメントである。

無論人によっては飲みにくかったり、味が苦手で吐き出したくなったりするという事もあるかもしれない。

特に子供は苦手な味で出してしまうかもしれないが、単なる嗜好の問題で工夫次第で摂取できるようになると言われている。

吐き出しても副作用ではないので心配いらないそうだ。味については別項「味はどうなんだろう?」を参照していただきたい。

極めて濃いキノコ出汁を飲めるかどうかというのがひとつの判断基準になるようである。

我々はキノコ、昆布という植物性の出汁を日常的に摂取しているので動物性のアミノ酸の出汁しか知らない欧米の人々よりも抵抗なく飲めるだろう。

無論、キノコそのままの味ではないようだが。因みに量を変えれば犬猫でも摂取が可能だと言われているので家族で飲用を始めてはいかがだろうか。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-AHCCの基礎知識