免疫機能とAHCC

感染症とは - 免疫機能とAHCC

AHCC

感染症は外部から侵入した他の生物もしくはそれに類似して増殖する生体によって細胞組織が侵され様々な症状を引き起こす疾患の総称だとされている。

感染症の原因には
回虫等の寄生虫、
インフルエンザ等のウイルス、
大腸菌などの細菌類、
キノコ、
カビおよび酵母類(カンジダなどが代表疾患)の仲間である真菌類、
アメーバ(アメーバ赤痢などを引き起こすと言われる)等の原生生物、
プリオンなどのたんぱく質が挙げられる。

プリオンとはBSEやクロイツフェルトヤコブ病の原因だと言われている。

この類の疾患は古くから故人の遺体(脳など)を食べて同化と交流をはかる習慣のある地域では風土病クールーとして確認されていたが、タンパク質が犯人だとわかったのはごく最近のことだと言われている。

致死率の高い感染症として知られているものにはエボラ出血熱、デング熱等の出血性熱、コレラなどの消化管疾患、結核などの呼吸器疾患が挙げられる。

蚊が媒介するマラリアなどの病気は温帯の日本ではあまり(平安時代には瘧という簡潔熱があったと言われている)確認されていないが温暖化で熱帯の蚊が生存できるようになりつつあると言われているので警戒を怠ることができない。

感染症の多くは抗生剤を用いて対応するが、中には効力を発揮しないこともあるとされる。

また、慢性的な疾患の場合、菌に薬剤への耐性がついて耐性菌が生まれ、それが新たにだ大々的な流行、パンデミックを起こすことがあると言われている。

種痘で有名なジェンナーやパスツール、野口英世らは感染症の研究に大きな貢献をした人たちであり、現在でもその後を優秀な医学者たちが継いでいる。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-免疫機能とAHCC