免疫機能とAHCC

予防医学とは - 免疫機能とAHCC

AHCC

ただでさえここ数年は万年赤字な我が国の財政状況をさらに逼迫させているのが医療費の増大である。

国民皆保険のわが国では3割以下の自己負担で受診ができるが、少子高齢化、安易な受診、医療の専門細分化による1回の受診ごとの費用の増大などによって医療費は年々増えて行っている。

わが国の福祉の手本になっているのはスウェーデンの制度であるが、あまりの税金の高さに生活が苦しくなった若い人が他国に逃げ出して言っているという話を聞く。

また、医療費についてもう1つ不安をあげるとすれば、グローバル化によってさまざまな疾患が海外から持ち込まれるようになったという局面が挙げられる。

持ち込まれるばかりではなく私たちは麻疹などを輸出する国として世界的には有名である。

水際で防疫をする各国の出費は膨大なものになりつつある。

結核など忘れられた病気の流行やパンデミック等の脅威もあるし、性規範の変化によって梅毒や淋病等の性感染症が流行っているという話も聞く。

罹患してから治療を始める医療に対し、どのような疾患が出てくるかを予測して機先を制する医学を予防医学という。

メタボリックシンドロームの人への指導や、インフルエンザなどのワクチン接種が分かりいい例であろう。

予防医学の導入は死亡率を下げ、感染症の大々的な流行を防ぎ、勤労可能な国民の数を増やすという意味で火急の課題である。

AHCCの研究が進み、医療分野への適応が許されれば大きな助けになるのではないかという声も多くあるという。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-免疫機能とAHCC