免疫機能とAHCC

宇宙飛行とAHCC

AHCC

アポロ計画、スペースシャトル計画等、人類が宇宙に飛び出してからもう数十年がたつ。

先だっても星出宇宙飛行士の活躍が報じられたが、彼らに免疫低下がつきものだという事は皆様ご存じだろうか。

打ち上げ前からかかる精神的ストレス。

訓練で溜まる疲労、慣れない宇宙空間の無重力や温度変化が書ける身体への負担、
(特に長期滞在時の筋力の低下。大体の宇宙飛行士は地球に帰還したとき体が重くふらふらすると語る)
お世辞にも豊かとはいえない食生活と宇宙船という閉鎖された特殊環境。

何もかも地上と勝手が違う。そのために過酷な訓練や本番に耐えられる強靭な肉体と精神を持った人しか宇宙飛行士になれないシステムになっている。

しかし、免疫等の生化学反応は自分の意志や訓練で調整できるものではなく、体力のある人ならば決して悪さをすることがない日和見菌の活動が活発になり、帯状疱疹などが出てくることがあると言われている。

日和見菌には緑膿菌やカンジダ、レジオネラ菌などがおり普段から体の中に居を構えているが普段は免疫に抑え込まれて大人しくしているそうだ。

日和見感染症はひと度発症するとなかなか治らず厄介だとされている。

抗生物質は強い菌に対応していることが多い。弱小菌の中には薬の効きにくい菌も多いのでなかなか治らないのだと医師たちは言う。

この宇宙飛行特有の免疫低下については疑似的に無重力など宇宙船内の環境を再現した空間での実験でAHCCの投与が一定の効果を見せるという報告があり、関心を集めているそうだ。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-免疫機能とAHCC