AHCCと代替医療と癌

癌とは - AHCCと代替医療と癌

AHCC

我が国の死亡原因上位に常に在し、人々を震撼させる疾患ががんcancerこと悪性新生物malignant neoplasmである。

悪性腫瘍と呼ばれることもある。漢字では癌と書くが、これは特に上皮腫を示すものであるとされ、平仮名で書く場合とは少しニュアンスが違う。

しかし、本文中では「癌」も「がん」も同カテゴリのものとして扱う。

悪性新生物をざっくばらんに解説すると、「変質をし正常な増え方もしくは消え方をしない細胞(の群れ)」とすることができるという。

私たちの身体を構成する細胞は譲り葉の葉のように新しいものが古いものと入れ替わり、常に定数を保っていると言われているが、ひょんなことでその規則性が乱れ、異常な増え方をする細胞が出てくることがある。

それががん細胞で、臓器やその他の組織が侵されると機能が停止し、最悪の場合死に至ることが知られている。

異常な増え方をするこの細胞は全身どこにでも現れ、内臓、筋肉、皮膚は勿論、骨、血液にまで発生し、転移していく。

思考の中枢である脳に転移することもあり、その際は頭痛で気が付くこともあるそうだ。

いくつかの種類に分けられるが、病理学的には内臓の癌に代表される上皮腫(癌腫)、肉腫、その他の癌(白血病等)の3つに分類することが多いそうだ。

多くの場合、外科的切除や化学療法、放射線治療等の外部からのアプローチがとられるが、何らかの事情でそれが行えない場合は次善の策として代替療法が選択されることが知られている。

サプリメント摂取もその1つであるが、完治させるというよりも弱った体を元気つけるという意味合いが強いと専門家は言う。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-AHCCと代替医療と癌