AHCCと代替医療と癌

癌と疼痛 - AHCCと代替医療と癌

AHCC

多くの場合、症状として痛みが出た時点で癌はそれなりに進んでいることが多いと医師たちは言う。

特に「沈黙の臓器」と言われる肝臓に発生する肝臓がんは自覚症状が殆どなく、発見が遅れるので命取りになりやすいと言われている。

40代を過ぎたら、定期的にがん検診を受けることが勧められるが、女性は胸部などを日々セルフチェックすることも有用だと言われている。

癌の疼痛にはモルヒネがよく使われることが市井にも知られているが、依存等の副作用が問題視されている。

医療機関によっては鍼麻酔(刺鍼によって痛みを止める手法。原理には諸説あるが、刺鍼の刺激で脳内麻薬様物質、エンドルフィンなどの分泌が促されるのではないかという説が有力)を採用しているところもある。

鍼灸の手法は、抗がん剤の副作用の痛みにも適応されると言われている。

癌を取り巻く痛みは、がん自身の痛みだけではない。よく知られているのが抗がん剤の副作用による疼痛である。

抗がん剤は正常な細胞も破壊することがあるためだという。

手足のしびれから始まることが多く、だるさ、上手く歩けないなど不快な症状や温感等の感覚異常がよく知られている。

医師たちは効果が上がり副作用が出ないギリギリの用量を患者に投与することを心掛けているが、患者の症状が進むにつれ、量を増やさざるを得なくなってくるという。

抗がん剤による疼痛を緩和するために、抗がん剤の働きを緩やかにして身体の負担を軽くする成分の摂取が勧められることがある。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-AHCCと代替医療と癌