AHCCと代替医療と癌

AHCCと抗がん剤

AHCC

抗がん剤は癌細胞の増殖を抑え、他の臓器や組織に転移することを防いでくれる癌治療の切り札である反面、正常な細胞をも殺し患者にだるさや吐き気、痛みなどを与えてしまうことがある諸刃の剣であると言われている。

抗がん剤の副作用の強さは脱毛等の現象によく現れているとされる。

作用が強い分投与量は慎重に計算されなければならず、患者の体力が持つか、癌が薬の抑える力をはねのけて臓器の機能を停止させてしまうかギリギリの線の量が投与されるのが常だと言われている。

医師や薬剤師は「癌細胞を殺して患者の命を救いたい、しかし患者の生活の質が薬によって損なわれるのは避けたい」というジレンマに襲われその負担は大きいと言われている。

患者自身も死の恐怖の1方に抗がん剤の副作用の恐怖を抱え、「何故自分は癌になってしまったのか」という理不尽な思いを募らせる1因になっていると言われている。

腫瘍精神学、サイコオンコロジーが生まれるのも無理がないと言えよう。

抗がん剤での治療によって白血球数などが激減することがあると言われている。

AHCCは弱った免疫細胞を元気づけると同時に抗がん剤の作用のきつさを和らげる効果があるとされ、欧米では併用されているようだ。

また、体が小さく手術や抗がん剤の投与が難しい小動物の腫瘍の治療の一縷の望みとしてAHCCを購入するペットオーナーもいるようだ。

獣医師によっては代替医療の1環としてAHCCを選択する人も増えてきていると言われている。

因みにハムスター等は実験動物であったマウスに近い動物なので臨床例と似たような効果が出やすいそうだ。

無論個体差はあるようだが。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-AHCCと代替医療と癌