AHCCと代替医療と癌

補完代替医療とは - AHCCと代替医療と癌

AHCC

癌の治療にはギリシアのヒポクラテスに端を発し、アラビア半島(代表的な医師はアヴィケンナ等)で成熟した後、近代的な機材と技術で結晶化した西洋医学が使われることが多い。

癌の細胞を外科処置で切除したり、薬品で消滅させたりする手法がてられることが多いとされる。

がん細胞を除去することで根治に近づける代わりに、手術や投薬のショックで患者自身の体力が持たなくなってくる可能性も示唆され、治療にはそれ相応の覚悟がいると言われている。

告知された日から患者は癌との戦いの日々を過ごすことになるのである。

対して、鍼灸や、マッサージ、タラソテラピー、サプリメント、アロマテラピー等、伝統医学や民間療法、もしくは酸素カプセルなど新しく出てきた機材などに医薬の代行をさせることを補完代替医療と呼ぶ。

よく雑誌や書籍のタイトルに固有成分の効果を扱うものがあるが、あのイメージが代替医療の輪郭だと言えば分かりいいだろうか。

代替医療が使われる局面はいくつかあるが、手術や投薬で患者の精神、肉体および社会的事情が著しく脅かされる可能性がある場合、予後が悪くこれ以上の寛解(症状が落ち着き和らぐこと。

難治性の病気によく用いられる)が見られないと判断された場合の疼痛緩和などによく代替医療の手法が用いられると言われる。

また、術後の体力回復に漢方やサプリメントを勧める医師もおり、その利用が広がっているそうだ。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-AHCCと代替医療と癌