サプリメントの基礎知識

健康食品と医薬品の違い

私達が己の健康を支えるために経口で摂取するものには食品、医薬品などがある。

食品には体を維持成長させるための栄養素が入っているが、その中でも特に必要な栄養もしくは成分を強化したものを健康食品と呼ぶ。

中には形状が薬に似ているものもあるが、薬事法のもとでは健康食品は食品であって薬ではない。

両者は厳然たる区別をされ、健康食品は医薬品の代わりにはならないし、医薬品は健康食品と全く同じ長所を持つことはできない。

ただし、ビタミンやアミノ酸などが医師の指導のもと投与される場合は薬品となるほか、代替医療として特定の成分を摂取することを医師が勧めることも時にあるので市井の私達の意識下では食品、健康食品、医薬品の区別の境界は時に曖昧で揺らいだものになる。

健康食品には厚生労働省などの国の機関が認めた保険機能食品(1991~)というカテゴリがあり、さらに特定機能食品と栄養機能食品という細かい区分がなされる。

特定機能食品は幾つもの実験や研究の結果を示し健康に有益であることを実証された食品に認可が下りるもので「トクホ」と略される。

トクホのマークを飲料のボトルなどで見る機会も多いのでご存じの方も多いだろう。

栄養機能食品は規定が少し緩く、特定の栄養素を指定の量以上含んでいれば、認可が下りる。

他に「いわゆる健康食品」というものがあるが、これは政府や自治体がトクホにも栄養機能食品にも当てはまらない食品を呼ぶ際に使う名称で東京都などはその解説をするページをインターネット上に設けている。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-サプリメントの基礎知識