青汁の効果について

青汁の血液をサラサラにする効果

banner-aojiru

近年になって血液が「サラサラ」「ドロドロ」という表現がテレビ番組などでよく見かけるようになりました。

もちろん血液はさらさらの方が良いのですが、生活環境や食生活の乱れ、ストレス、運動不足などで血液がどろどろの人が増えています。

これは、年齢に関わらず若い人でも「ドロドロ血液」の人も多いのです。

血液がどろどろの状態になると、動脈硬化になりこれが進行すると脳梗塞や脳血栓、脳出血、心筋梗塞など命に関わる症状になってしまいます。

普段の食生活でたくさんの緑黄色野菜を摂れているのであれば「ドロドロ血液」にはなりません。

「ドロドロ血液」の人は食生活から見直さなければなりません。

しかし、食事毎回に適量の緑黄色野菜を摂ろうとしてもなかなか難しいのが現状です。

そこで、「サラサラ血液」にする為におすすめするのが青汁です。

「ドロドロ血液」を「サラサラ血液」に改善するのに青汁は大変効果があります。

青汁には、たくさんの食物繊維が含まれており、その食物繊維によって血中の悪玉コレステロールの値が下がります。

悪玉コレステロールは、血管の内部にへばりつき血液の流れを塞いでしまいます。これが動脈硬化や血栓を引き起こしてしまうのです。

また、青汁に含まれる抗酸化成分が血中の悪玉コレステロールを抑制してくれます。

血液は体全体をめぐっています。どこで血栓ができ、血液の流れを滞らせているかわかりません。

青汁を飲む習慣で、命に関わる病気の予防ができるのです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-青汁の効果について