青汁の効果について

青汁の野菜不足解消効果

banner-aojiru

野菜は成人で1日の摂取量が350g必要とされています。

しかし、毎日350gもの野菜を摂り続けることは大変難しいのが現状です。

その為、ほとんどの人が野菜不足になっています。野菜不足になると、様々な体の不調が出てきます。

肌荒れや便秘、うつ病や視力低下、それだけではなく、高血圧や動脈硬化、脳梗塞や糖尿病、ガンなど命に関わる病気の原因にもなってしまいます。

食生活を改善し、野菜不足を解消できればよいのですが、毎日のことだけになかなか難しい方も多いと思います。

そんな方々が今注目しているのが青汁です。

毎日の食事の中で不足しているビタミン、ミネラル、食物繊維、アミノ酸が手軽に摂取できるからです。

もちろん、青汁を飲んでいるからといっても、食事から摂る野菜の補助的役目でしかありません。

基本は毎日のきちんとしたバランスの良い食事です。

野菜ジュースではダメなのかという質問をよく耳にしますが、野菜ジュースには果実と混合させているものも多く糖分が気になります。

また、100%の野菜ジュースであっても以外とカロリーが高いものが多く、製造過程の面でも熱処理されず、食物繊維も損なわないように作られている青汁の方が栄養価が高く、濃縮されているのです。

昔はまずいというイメージの青汁でしたが、今では改良されて随分飲みやすくなっています。

その上、何に混ぜても栄養価は変わらないので、牛乳や豆乳、ソーダ水、野菜ジュースに混ぜて飲んでも美味しく飲むことが出来ます。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-青汁の効果について