青汁の効果について

青汁のアトピー性皮膚炎への効果

banner-aojiru

アトピーとは、アレルギー性皮膚炎の略称で、アレルギーの一種です。

強いかゆみを伴うことが多く、原因は特定の食べ物(卵や乳製品、大豆、小麦、ソバなど)を摂取したり、ハウスダストやダニ、ペットなどが原因で発症します。

生まれ持ったアレルギー体質の方もいますが、ストレスや睡眠不足でもおこることがあります。

治療もステロイドや抗ヒスタミンでの治療がほとんどで、副作用の心配もあります。

そんなアレルギーがある方に飲んで頂きたいのが青汁です。

青汁はお薬ではなく食品の部類ですが、アトピー体質の改善に効果があると実証されています。

その中でもケールを使った青汁が効果が期待できるといわれています。

ある健康食品会社がケールが含まれている青汁を飲む人と青汁を飲まない人を比べてみたところ、ケールの青汁を飲んだ人の方がアトピーの反応が抑えられていたのです。

アレルギーは、異物に対して免疫機能が過剰に反応した場合に起こります。

青汁には、抗酸化作用や免疫機能UPの効果があり、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているので、免疫力、抵抗力が上がり、アレルギーの体質改善につながったと考えられます。

お薬ではありませんので速効性があるわけではありません。が、日常の食事に1杯の青汁を加えてみてはいかかでしょう。

体の中から体質を改善して抵抗力をつけ免疫力をUPし、少しづつ症状を緩和して、つらいアトピー体質を変えていきましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-青汁の効果について