青汁の原料別種類

桑の葉の青汁成分

banner-aojiru

桑の葉

桑の葉は、昔から蚕のエサとして使われてきたヤマグワ、一の瀬、シマグワなど種類があります。

桑の葉には、食物繊維、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンA、鉄やカルシウムなどのミネラル、ポリフェノール、アントシアニンなどたくさんの栄養素が含まれています。

桑の葉の成分の特徴としてデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分があります。

このデオキシノジリマイシンは、食後の血糖値を下げ、糖分の吸収を穏やかにする働きがあるとして、糖尿病や高血圧に効果が期待できます。

この成分は桑の葉の中でもシマグワに一番多く含まれるようです。

そして、デオキシノジリマイシン(DNJ)は、他の植物からは見つかっていない貴重な成分です。

その他、体脂肪を抑制するダイエット効果や抗酸化作用でアンチエイジング効果も期待できます。

これらのことから、桑の葉の青汁は食前か食中に摂る方が良いでしょう。

また、桑の葉には少量ではありますが、ギャバという成分が含まれています。

このギャバは、アミノ酸の一つで神経に作用してリラックス状態にする働きがあります。

ストレスが多い現代社会で、ストレス軽減に役立つ成分です。

このように生活習慣病予防や糖尿病、メタボリックシンドロームの予防、肥満改善に効果のある桑の葉ですが、その桑の葉を使った青汁は味はスッキリと飲みやすいものが多いようです。

そしてノンカフェインなので、お子様や妊婦さんにもおすすめです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-青汁の原料別種類