青汁の原料別種類

明日葉の青汁成分

banner-aojiru

あしたば

明日葉はセリ科の植物で、今日摘んでも明日にはまた生えるというところから明日葉と言われています。

生産地は八丈島や伊豆諸島で日本が原産とされています。

明日葉の成分は、食物繊維やビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類に加えて、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル成分などの栄養素がたくさん含まれています。

また、明日葉には独特な成分としてカルコンとクマリンが含まれています。

このカルコン、クマリンは抗菌、抗酸化作用を持っており、明日葉にしかない成分です。

カルコンは、内臓脂肪を減少させる働きがあると言われており、また、血液中のコレステロールを減少させたり、血栓が出来るのを防いだり、発がん物質の促進を抑える効果があります。

また、血行を良くし、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、脳血栓を予防する硬化があります。

明日葉

抗菌作用においては、市販の抗生物質と同等の効果が認められており、明日葉が非常に高い抗菌効果をもっていることは立証されています。

その他にも、便秘解消、美肌効果、認知症の改善、糖尿病の予防など、むくみの解消などその効果は絶大なものがあります。

カルコンの含有量は、根・茎・葉の順で多く特に根は一年に一回しか採れない貴重なものです。

カルコンは世界中の野菜の中でも明日葉にしかないと言われています。

生活習慣病が気になる方、食生活の乱れが気になる方、運動不足の方は明日葉入りの青汁を選ぶとよいでしょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-青汁の原料別種類