明日葉の効果・効能

アルツハイマー型痴呆症を予防 - 明日葉の効果・効能

明日葉コンテンツ一覧

アルツハイマー型痴呆症を予防する決定的な方法が現在のところないとされていますが、明日葉に含まれている「クマリン」がアルツハイマー型痴呆症を予防する効果があることがわかってきました。

明日葉を使った健康食品や明日葉茶を製造販売している宝酒造のバイオ事業部門がこの研究を進めているのですが、明日葉の食用植物の成分のクマリンが、神経成長因子の生体内での産生を顕著に増強することを発見しています。

このクマリンが、アルツハイマー型痴呆症や糖尿病が原因の末梢神経障害などの予防と治療に効果が期待できるとしています。

クマリンは、明日葉だけに含まれる成分ではなく、ホップ、食用菊の花、ガジュツ(紫ウコン)などにも含まれてはいますが、明日葉に含まれているクマリンは、神経成長因子の生体内での産生や活性する力が特に優れていて、他の食品の15倍もの効果が認められています。

このように明日葉は、アルツハイマー型痴呆症の予防をしてくれますが、そればかりでなく、今や国民病として、高齢者の3人に一人はかかっていると言われる糖尿病の予防や改善にも大きな働きをしてくれます。

血糖値はインスリンとグルカゴンでコントロールされています。健康体であればインスリンが即時に働いて血糖値を調節してくれますが、高血糖や糖尿病の人は、血中のブドウ糖が消費されず、高い血糖値が持続してしまいます。

ところが明日葉に含まれている成分が、インシュリンの働きを助けて、食事での血糖値をコントロールしてくれます。一旦かかれば寛治することがないと言われているのが糖尿病です。

その糖尿病の予防や改善をしてくれる明日葉に改めて注目が集まっています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-明日葉の効果・効能