赤ちゃんアトピーのおすすめ食事と改善方法

赤ちゃんアトピー おすすめミルク

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は大人になってから発症する場合と、生まれつきの体質で発症してしまう場合があるという話をしました。

特に生まれてまもなくアトピー性皮膚炎を発症してしまった場合には、対処法にとても悩まれることと思います。

赤ちゃんは生後5,6ヶ月くらいから離乳食が始まり、そこで初めて固形物を口にし、徐々に食べ物に慣らして栄養を食べ物から吸収出来る体を作っていくようになるのですが、それまでの食事は母乳かミルクのみとなります。

母乳が十分に出て、母乳のみで育てられる人もいますが、母乳の出が悪くてやむを得ずミルクを与えなくてはならない人や、仕事復帰やその他の理由により母乳があげられずミルクのみで育てなくてはならない人もいます。

そのような場合、アレルギー体質の赤ちゃんにどのようなミルクを与えればいいのかとても悩みますよね。

ミルクは基本的に添加物が多く含まれています。

この添加物はもちろん赤ちゃんが摂取しても害のないもので、なおかつ赤ちゃんが成長していく過程で必要不可欠な栄養素を摂取できるような添加物が使用されているのですが、実際アレルギー体質の赤ちゃんは、いつ何に反応してアレルギーが発症するかわからないのです。

ですから少しでも心配な方は、アレルギー予防用のミルク、森永ペプチドミルクのE赤ちゃんやアイクレオHIなどを念のため使用してみると良いでしょう。

ですからこれらの予防用ミルクにも大豆レシチンが使用されているため、もしアレルギーが判明している場合は治療用のミルクもありますので、かかりつけの産婦人科もしくは小児科によく相談の上、使用しましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-赤ちゃんアトピーのおすすめ食事と改善方法