赤ちゃんアトピーのおすすめ食事と改善方法

赤ちゃんアトピー おすすめ食材

アトピー性皮膚炎

赤ちゃんが5,6ヶ月になると、いよいよ離乳食が始まります。

離乳食とはおっぱいやミルクの流動食から固形の食事を取ることが出来るようになるために、体に食材や感覚を覚えさせるのです。

ですから最初の離乳食は火鉢ですりつぶしたおもゆなど、水分の多い流動食に近いかたちから始めて、徐々に水分を減らし固形物を食べられるように大きさを調整していくのです。

ではどんな食材を離乳食に取り入れれば良いのでしょう。

基本的に最初はおかゆを潰したおもゆから始め、徐々に少しずつ味をつけていきます。

避けたほうがいい食材の項目でも紹介したように「卵、小麦、大豆、米、牛乳」は五大アレルゲンとして挙げられています。

ですが例えば、卵は白身にアレルゲンとなるオボムコイドを含んでいますが、黄身はきちんと火を通した固ゆで卵状態なら少量ずつ様子を見ながらあげることが出来るのです。

もちろん卵アレルギーがわかっている場合は卵を含む食品全般摂ることはできませんが、特に両親がアレルギー体質でもなく、皮膚も綺麗な状態でしたら様子をみながら少しずつあげてみてもいいでしょう。

他にも魚や肉のタンパク質食材はアレルゲンになる可能性もありますので、離乳食になれてきたころに与え始めたほうが良いでしょう。

最初の頃は野菜を茹でてすりつぶしたものを与えてあげれば十分です。

野菜はアレルゲンとなる可能性の高いものは比較的少ないので、ほうれん草や大根、人参などの根菜類、そしてりんごなどの果物もおすすめです。

果汁も、必ず火を通してから与えるようにしましょう。

実際に食事から栄養を摂れるようになるのは一歳半ころからなので、それまでは栄養バランスも大事ですが、体に食材を覚えさせることに重点をおいて離乳食をすすめていきましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-赤ちゃんアトピーのおすすめ食事と改善方法