赤ちゃんアトピーのおすすめ食事と改善方法

赤ちゃんアトピー 薬のメリット、デメリット

アトピー性皮膚炎

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎が発症してしまい、悩まれているお母さんは多いと思います。

特に赤ちゃんは口で言葉を発することが出来ず、ひたすら泣いて訴えたりかきむしってしまったりで、そばにいるお母さんは本当に辛いですよね。

赤ちゃんに薬を使うことは、正直抵抗があると思います。生まれて間もない我が子を薬づけにしたくないと、誰もが思いますよね。

しかしアトピー性皮膚炎の痒みはとても強く、かきむしってしまうとなお悪化し悪循環が生まれてしまいます。

ですからアトピー性皮膚炎でないとしても、少しでも体を痒がったりした場合はまず保湿してあげること、市販の赤ちゃん用保湿剤でもいいので、特に入浴後は乾燥を防ぐために塗ってあげてください。

赤ちゃんの皮膚は薄く、乾燥しやすいので、優しく塗ってあげることも大切です。

そして赤ちゃんが肌を傷つけないよう、爪はこまめに切ってあげてください。

もしブツブツが出来てしまった場合は、早めに小児科に行くことをおすすめします。

アレルギー科を併設する小児科があればそちらが良いでしょう。

そこでアトピー性皮膚炎と診断された場合は、薬を使って痒みを抑えるか、出来るだけ薬は使わない方向で治療するか、よく先生と話し合うことが大切です。

薬はステロイドなどの塗り薬やかゆみ止めの飲み薬が処方されると思います。

薬のメリットとしては即効性があるということです。

しかしこれはアトピー性皮膚炎が治るのではなく、あくまでかゆみを軽減するということで、アレルギーそのものをすぐ治してくれるわけではないのです。

しかも最低でも1、2ヶ月は塗り続けることになるでしょう。

ステロイドはとても強い薬なので、場合によっては皮膚が赤くなるなどの副作用が出る可能性もあります。

アトピー性皮膚炎の治療は長い期間を要するので忍耐が必要です。

ですが大人になるにつれ、免疫力が強くなると自然と治ってしまうこともあります。

薬を使用することは悩まれるでしょうが、まず信用できる病院を見つけること、そして薬の量を勝手に多く少なくしたりせずに、言われた通りの治療をまずは進めてみましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-赤ちゃんアトピーのおすすめ食事と改善方法