赤ちゃんアトピーのおすすめ食事と改善方法

赤ちゃんアトピー おすすめの環境

アトピー性皮膚炎

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎を発症してしまう原因はいくつかありますが、もし両親のいずれかでもアレルギーを持っている場合は、出来るだけ赤ちゃんにアレルギーを発症させないような環境づくりをしてあげることが大切です。

アレルギーを引き起こす原因は様々ですが、まずはアレルギーの原因となるアレルゲンに触れる機会を減らしましょう。

このアレルゲンは人によって様々ですが、よく挙げられるのはダニの糞や死骸、チリやホコリなどのハウスダスト、ペットの毛などです。

ダニの糞や死骸は掃除機で吸い取ることが可能ですので、特にダニの宝庫となりやすいカーペットなどはコロコロで表面のゴミをとってから掃除機をかけたり、可能な場合は天日干しをしてから掃除機をかけると良いでしょう。

出来るだけ布団も毎日干して掃除機をかけ、なおかつ布団カバーも頻繁に洗濯をしましょう。

意外にも布団カバーは菌が繁殖しやすいのです。

そして掃除機をかける場合は換気をしながらかけることは必須です。

換気をしないと掃除機から出る排気によって部屋の中の空気が汚染され、埃もまってしまうのです。

ここ近年、綺麗な排気をだす掃除機や、排気を綺麗にする掃除機フィルターも多数販売されてきましたので、このようなものを活用してもよいでしょう。

ちなみに換気は窓を全開するよりも、対角の部屋の窓を10センチほど開けるだけのほうが早く、しかも全体の空気が入れ替えやすいのです。

それから掃除機をかけるときは、赤ちゃんを出来るだけ別室に移してからかけましょう。

また菌が繁殖しづらくなるよう、

部屋の湿度を60%前後に保ったり、

赤ちゃんは埃の舞いやすい地べたではなくベビーベッドを使用し出来るだけ高い位置に寝かせてあげること、

ベビーベッドはカーペットの上に設置しないこと、

またフローリングの場合は掃除機よりも雑巾がけをおすすめします。

出来るだけこまめに掃除をし、清潔を保つ努力が必要です。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-赤ちゃんアトピーのおすすめ食事と改善方法