食事療法と併用、アトピー内側からケア方法

アトピーとストレス改善

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の症状が発症してしまう理由は沢山ありますが、実はストレスもアトピー性皮膚炎が発症する原因の一つなのです。

ストレスと言っても色々なストレスがあります。

例えばバスケットボールの試合で、このゴールを入れることが出来れば勝てるという、切羽詰まった状態の時に、人は物凄い集中力を発揮すると言われています。

それは適度な緊張感と適度なストレスがかかったからこそ引き出すことが出来る潜在能力であって、このようなストレスは人間にとってメリットのあるストレスと言えます。

しかし、例えば仕事で数字を取ることが出来なく上司に叱られるという恐怖心からくるストレスによるうつ病の発症や、特に子育て中の主婦は自分の時間が持てず、時間や行動に拘束されてしまうことからくるストレスで育児ノイローゼになってしまうケースも多々ありますよね。

これらは人間にとってデメリットのストレスと言えるでしょう。

このように、ストレスはうつ病やノイローゼだけでなく、暴飲暴食や睡眠障害なども引き起こし、結果的に様々な病気や症状に繋がってしまうのです。

なぜこのような症状を引き起こすのかというと、過剰なストレスが継続的にかかると、脳は常に臨戦態勢をとるようになり、アドレナリンが過剰発生し体内の様々な栄養素を消費してしまうからです。

そのことによって免疫力が低下し、色々な症状が出やすくなってしまうのです。

実際転職や環境を変えたことによりアトピーの症状が軽減した、なくなったという声も多数あります。

もし、環境を変えることが出来る状態なら、一度変えてみる勇気も必要かもしれません。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-食事療法と併用、アトピー内側からケア方法