アトピーの基本と食事療法

アトピーの症状

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎が発症する原因について先ほどお伝えしましたが、ではどのような症状が起こるのでしょうか。

アトピーの症状が起こる原因は人によって様々ですが、例えばアレルゲンが原因でアトピーが発症する場合は、あまり干されていない布団やベッドに寝ただけでボツボツが出てしまったり、卵が原因でアトピーが発症する人は、卵が使われている食品を食べただけで体中が痒くなったりします。

このアトピーの症状の特徴は真っ赤な湿疹が左右対称に出ることで、例えば両頬や両肘の内側などに同じようにボツボツが出来、ひどい痒みを伴います。

特に汗をかきやすい肘の内側や首周り、耳の後ろなどは出易いと言われています。

この痒みに耐えられず、特に子供はかきむしってしまうため、傷口が広がりじゅくじゅくしてしまい、治療に長い時間がかかってしまったりします。

もしなおっても皮膚は粉が吹いたようにカサカサし、固くなってしまうので、服で隠すことの出来ない顔や首周り部分に症状が出てしまった場合は、見た目でアトピー性皮膚炎だとわかってしまい、悩む方も多いのではないでしょうか。

 しかもこのアトピー性皮膚炎の症状は、幼少期は真っ赤な湿潤性の湿疹ができることが多く、思春期以降になるとカサカサした乾燥性の皮膚炎で広い範囲にかゆみが伴ってしまうため、時には洋服を着ただけで痒みが出てしまうことも少なくないのです。

他にもゴワゴワしたイボ状の湿疹が出ることもあり、最悪そのままイボになってしまうこともありますので、なにかしら症状が出てしまった場合は早めに医者に行き、血液検査をして調べることがまず治療への第一歩となるでしょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-アトピーの基本と食事療法