アトピーにおすすめの食事療法

アトピーにおすすめの食品

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の症状が出る原因は人によって様々なため、一概にこれが良いと勧めたところで合う合わないがありますので、参考程度に見ていただけたらと思います。

アトピー性皮膚炎の食事療法は、自分に合わない食材を摂取しないことはもちろんのこと、昔の人の食事を参考に、出来るだけ食品添加物を取らないことと、免疫力を高める為に腸内環境を整えることがポイントとなってきます。

ですからスーパーに買い物に行った際は、加工食品などは特に成分表示をきちんと確認してから購入することが大切です。

食品添加物については添加物の項目で説明しますので参考になさってください。

そしてアトピーに対抗出来る強い免疫力をつけるために、腸内環境を整える食事を摂取することが大切です。

腸内環境を整える食事とはどのようなものを言うかというと、善玉菌の多い発酵食品や食物繊維を多く含んだ食事のことです。

例えば味噌や納豆、さつまいもやひじきなど、昔ながらの和食を参考にすると分かりやすいでしょう。

食物繊維は善玉菌の繁殖を促し、発酵食品はもともと善玉菌を多く含みます。

逆に動物性タンパク質は悪玉菌の大好物なので、過剰摂取しすぎてしまうと悪玉菌が増加し、腸内で善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまいます。

特にアレルギー体質の方はこの悪玉菌が腸内に多く存在することが多いので、まずは善玉菌を腸内に増やすことを考えて食事を考えていきましょう。

更に大切なことは、食べたらしっかり便を出すことです。

腸内環境は摂取するだけではなく、便を出して初めて整うのです。

ですからトイレに向かう時間をしっかり確保し、余分な毒素はさっさと外に出してしまいましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-アトピーにおすすめの食事療法