アトピーにおすすめの食事療法

アトピーにお酒はNGか

アトピー性皮膚炎

いくらアトピー性皮膚炎でも、お酒が飲みたくなる時はありますよね。

食べ物も好きなものを食べられない、お酒も飲めないですとストレスが溜まってしまいます。

アルコールは少量でしたら血圧を下げる効果や血管が広がり血液の流れが良くなるというメリットもあります。

もちろん中枢神経に働き感覚が麻痺してくるので、いい気持ちになりストレス解消にも繋がります。

しかし血管が広がり、血流が良くなるとカーっと体が熱くなり、その分アトピー性皮膚炎の痒みがひどくなってしまうのです。

お酒を飲むと顔が赤くなってしまうのは血流が良くなっているからなのです。

しかもアルコールの麻酔効果で感覚が麻痺してしまっているため、無意識のうちにかきむしってしまい気づけば皮膚がジュクジュク血だらけということも十分ありえます。

そうなると更に症状が重くなり、治るのにも時間がかかってしまいますよね。

更にアルコールには利尿作用があるので、その分水分不足で皮膚が乾燥してしまい、またそれも痒みにつながってしまうのです。

もちろん内蔵など消化器官にも大きな負担がかかるため、このようなアトピー性皮膚炎の症状の悪化を考えるとアルコールはなかなかおすすめ出来ません。

ですが全くアルコールを取らないのもストレスの原因となりますので、休肝日を必ず設けること、一日の飲む量を決めることなど、自分の体と相談し、どの程度なら症状が悪化しないで済むかを見極めた上で、お酒を楽しむようにしましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-アトピーにおすすめの食事療法