食事療法と併用、アトピー外側からケア方法

アトピーと入浴の仕方

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎で悩んでいらっしゃる方の中に、入浴方法についてお悩みの方もきっといらっしゃると思います。

せっかく食事療法をしているのだから、他の生活習慣の部分で改善出来るところは改善をして、出来るだけ早くアトピー性皮膚炎とさようならしたいですよね。

ここではアトピー性皮膚炎の食事療法と併用してもらいたい入浴方法をご紹介いたします。

まず入浴方法でのポイントとして覚えていてもらいたいことは、「皮膚はか弱い」ということです。

入浴するときに皮膚に触れるのは、水、石鹸、タオルなどですよね。

水については先ほどアトピー内側からケア方法でも触れましたが、水道水の塩素を抜くだけで大分皮膚への刺激が違います。

ですから出来るだけシャワーベッドを、水道水をろ過するタイプの物に変更することをおすすめします。

次に体や頭を洗う時に使用する石鹸についてですが、無添加の固形石鹸が一番です。

無添加の固形石鹸とはどのようなものをいうかというと、石鹸は界面活性剤で出来ているのですが、この界面活性剤が化学成分を含むものか否かで全然違ってきます。

化学成分を含む石鹸は成分表示に「合成界面活性剤」と記載されているので、いくら無添加とうたっている商品でも、実際は香料や着色料を使用していないだけの場合も多々あるので、きちんと成分表示を確認しましょう。

そして体を洗う時は、出来るだけ泡ネットなどを使用し、石鹸をよく泡立ててから肌に泡をおくイメージで洗うと、ゴシゴシと強くこすってしまい肌にダメージを与えてしまうこともなくなります。

肌はこのこすられる刺激によってかゆみを増してしまうので、体を拭く場合も肌にタオルをポンポンとおき、水分を吸収するイメージで拭くとよいでしょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-食事療法と併用、アトピー外側からケア方法