食事療法と併用、アトピー外側からケア方法

アトピーと無添加の化粧品

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎のかたの皮膚は弱くトラブルをかかえていることは何度も上げてきました。

そして肌ケア方法のところで、出来るだけ合成添加物の少ない保湿剤をたっぷり使用することをおすすめしましたね。

ところで、この合成添加物の少ない化粧品、まさに無添加の化粧品とはどのようなものなのでしょうか。

あなたは化粧品を購入する際に、成分表示をきちっと確認してから購入していますか。

おそらく殆どの方が、その化粧品のブランドや価格、性能に惹かれて購入しているのではないでしょうか。

それでももちろん悪くはございません。自分の欲しい色、欲しいブランドの化粧品を買っていただいて構いません。

しかし、化粧品には多くの合成添加物が配合されていることを少しでも念頭に置いておくと、次、化粧品を購入する際にきっと化粧品の見方が変わり、何が本当に大切なのかがわかってくると思います。

成分表示はその化粧品の中身に使われている量の多い順に表示されています。

大抵化粧品で使われている合成添加物として代表的なものは、合成界面活性剤やバラベンなどの防腐剤です。

なぜ防腐剤が使用されているのかというと、本来化粧品は天然由来のもので作られており、しかし天然由来のものはとても腐りやすく、大量生産、大量販売が難しいのです。

ですからバラベンのような防腐剤が使われるようになったのです。

ですがこのような化学薬品を全身に塗りたくっている、と考えると、体に良くないことは一目瞭然ですよね。

無添加の化粧品は腐りやすいので保管の仕方に気をつけなければなりませんが、天然由来なので刺激も少なく、体に優しいとされています。

お肌のターンオーバーが通常に戻ればアトピーの症状も軽減すると言われています。

是非化粧品は安さ、ブランドだけではなく、商品そのものの価値を見極めて使用しましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-食事療法と併用、アトピー外側からケア方法