アトピーは食事療法出来るのか

アトピーの食事療法 食生活の改善例

アトピー性皮膚炎

先ほど日常生活の改善についてお話をしましたが、合わせて行なっていただきたいのは、食生活の改善です。

現代は多くの食べ物が出回っており、好きなものを好きな時に食べることが出来る環境が整ってしまっています。

ちょっと小腹がすいたら24時間いつでもコンビニに駆け込めるし、ちょっと喉が渇いたら至るところに自動販売機があります。

しかし、このように便利になってしまえばしまうほど食生活はどんどん乱れていくのです。

一昔前のことを思い出してください。

コンビニもなく殆どの家庭が農業を営み、自給自足で生活していた頃はアトピー性皮膚炎なんて病気はなかったのです。

現代アトピーに悩まされる人がこんなにも多いのは、環境が変わったからなのです。

水が変わり、食生活が変わり、食べ物もその食材の味を生かしたものではなく、自然界にはない化合物が沢山含まれたものが多く出回るようになりました。

その結果、体内で消化されず蓄積され、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が発症してしまうきっかけともなってしまったのです。

ではどのように食生活を改善すれば良いのでしょうか。

栄養は小腸から体内に吸収されますし、プラス免疫機能を高める役割があります。

ですからまずは腸内環境を整えることが食生活を整える第一歩となります。

腸内環境を整えるためには、善玉菌の宝庫である乳酸菌を多く含む発酵食品を多く摂取することをおすすめします。

そして食べ物の内容と共に、朝早く起き朝食をしっかりとり、昼食、夕食と、一日三食をきちんと摂り、良い睡眠をとることがアトピー改善への第一歩です。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-アトピーは食事療法出来るのか