アトピーの食事療法レシピ

アトピー さくっと簡単レシピ

アトピー性皮膚炎

毎日仕事や子育てで追われていると、いくらアトピー性皮膚炎で食事療法をしているとはいえ、なかなか作っている時間がなかったりしますよね。

アレルギーが無ければカップラーメンやパン、お惣菜などで済ませてしまいたいと誰もが思うのではないでしょうか。

そこで時間がない時のためにサクっと簡単に作ることが出来るレシピをお教えします。

今はタジン鍋やシリコンスチーマーなど便利なものが沢山出回っているので、このようなものを使い時間と手間を短縮していきましょう。

例えば先ほど小腸に溜まった添加物を消化するためには緑黄色野菜が良いとお伝えしました。

しかも緑黄色野菜は生で食べるより蒸したほうが消化にも良いので、タジン鍋やシリコンスチーマーを使って蒸し料理を作りましょう。

野菜も、皮をむいたり切ったりすることが面倒でしたら、国産の冷凍食品でかぼちゃや茄子、ブロッコリーやインゲンなど色々な冷凍野菜が出ているので、それらをシリコンスチーマーの中にいれて少し塩コショウをしてレンジで5分ほどチンするだけで美味しい蒸し料理が出来ます。

それだけでは物足りない場合はプラス冷凍の鶏肉や豚肉を入れ、乳製品が大丈夫な方ならチーズをのせてチンすればあっという間にグラタン風になります。

他にもシリコンスチーマーはジャムも作れるので、甘いものが欲しくなった時はいちごやブルーベリーなどを使ってジャムを作ってみるのもいいでしょう。

冷凍のベリーやいちごなどをそのまま入れてレンジでチンすれば簡単なデザートも作れますので、是非色々と試してみましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-アトピーの食事療法レシピ