アトピーの食事療法レシピ

アトピー 小腹が空いた時のレシピ

アトピー性皮膚炎

夜遅くまで起きていたり、沢山遊んだあとはちょっと小腹が減ったりしますよね。

本当ならスナック菓子やチョコレートが食べたいところですが、アトピー性皮膚炎の場合はアレルゲンが怖いのでなかなか手を出しにくいところでしょう。

ではそのようにちょっと小腹がすいて何か食べたい時は、何を食べたら良いのでしょう。

市販の惣菜や冷凍食品の食べ物は合成添加物が入っていたりします。

ですから出来るだけ自分で作ったほうが、食事療法をしている場合特に安心です。

もしミキサーを持っている場合は、今流行っているグリーンスムージーなどはお勧めです。

グリーンスムージーは自分の食べられる野菜と果物をそのままミキサーに入れ、水で割って飲む飲み物です。

食材の栄養をそのまま摂取出来ることと、皮まで食べられることが魅力的です。

果物や野菜の皮には沢山の栄養が詰まっていますが、農薬や薬品が使われている場合もあるため、野菜洗いなどで洗ってから使用すると良いでしょう。

小松菜やりんご、他にも、もし果物が大丈夫な場合はバナナやレーズンなどは食物繊維が豊富で甘さもあり、腸内環境を整えてくれるのでお勧めです。

米粉で出来たおせんべいや天然酵母のパンなども人によってはアトピー性皮膚炎の症状が出ず食べられるようです。

このように市販のものでも食物繊維が豊富だったり、極力食品添加物を使用していないものなら食事療養中でも食することが出来るので、よく原材料を確認してからたまに食べる程度で止めておきましょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-アトピーの食事療法レシピ