フコイダンの基礎知識

フコイダンとは?

フコイダン

フコイダンは海藻の中でも茶褐色の褐藻類にだけ含まれる成分で、コンブやメカブ、モズクなどに存在します。

海藻のいわゆるぬめり成分がフコイダンであり、1913年にスウェーデンの科学者であるキリン博士が発見しました。

発見されてからまだ100年ほどであり、その構造と活性の関係にはまだ不明な点が残されています。

フコイダンと混在している色素などの成分も独自の作用があり、フコイダンの作用と同時に現れている可能性もあります。

フコイダンに類似した物質はナマコなどの動物でも見つかっています。

フコイダンの主な働きとしては、抗腫瘍、抗凝血、抗炎症、抗ウィルスなどがあります。

近年ではこれらの働きに注目が集まり、健康に役立てるために利用されています。

医学分野ではガンに対する代替療法としての効果も研究されています。

フコイダンは薬品としては認可されてはおらず、現在のところ健康食品として流通しています。

フコイダンの種類として、U-フコイダン(グルクロン酸含有)、F-フコイダン(硫酸化フコースから成る)、G-フコイダン(ガラクトース含有)などがあります。

このうちU-フコイダンはガンに効果があるという知見が得られています。

U-フコイダンがガン細胞の受容体と結びつくと、ガン細胞を自滅させる働きが起こり、ガン細胞が生存できなくなります。

F-フコイダンは、肝臓の細胞を増殖させるHGF という因子の産生を助けて、細胞の再生を促すそうです。

G-フコイダンに含まれるガラクトースは乳糖を構成する成分であり、肝臓でブドウ糖に変換されてエネルギー源になります。

ガラクトースは母乳に豊富で、乳児の発達にとって大きな栄養となります。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダンの基礎知識