フコイダンTOP

フコイダンについて、はじめに

フコイダン

pic_b007

フコイダンとは海藻に含まれる成分で、海藻のヌルヌル・ネバネバするぬめりに含まれています。

海藻類の中でも茶褐色の褐藻類にだけフコイダンは存在し、コンブやメカブ、モズクなどに含まれています。

海藻は、潮が引いたりするなど空気にさらされて乾燥しそうなとき、干からびてしまわないような働きを持っています。

フコイダンはこのような保湿の働きのほか、自身の傷を治したり、周囲の微生物から身を守ったりする働きも担っています。

すなわち、フコイダンは、海の潮に揺られる中で身を守る海藻を支える成分なのです。

近年になり、フコイダンを健康や美容に役立てようと様々な研究や商品開発が行われています。

医学分野でもガン治療の代替療法として注目されています。

そのほか、ピロリ菌に対する効果を持つ、
コレステロールを抑える、
高血圧に効果をもたらす、
アレルギーを抑える、
抗ウィルス効果がある、
肝機能を改善するなど様々な効果が期待され、研究が行われています。

そもそも、フコイダンを含む海藻類は健康によい食品として以前から注目されていました。

長寿の人が多い地域として沖縄がよく取り上げられますが、沖縄では昔から海藻をよく料理に用いていました。

海藻にはフコイダンのほかにもミネラルや食物繊維などが豊富に含まれ、健康に役立つと考えられています。

日本では沖縄以外の地域でも海藻を食べる習慣があり、健康作りに役立ってきました。

日本以外の諸国で海藻を食べる習慣があった国は意外と少ないのですが、外国でも健康的な食生活を目指し海藻を取り入れる人々が増えてきたそうです。

フコイダンは、主にサプリメントやドリンクの形で体内に摂取する商品が多いようです。

海藻を食べてフコイダンを摂取しようとすると、大量の海藻を食べないと効果は期待できませんが、サプリメントのような形なら手軽に効果的な量を摂取することができます。

最近ではフコイダンを含む化粧品も人気があり、保湿の効果や肌の弾力を高める効果が期待されています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダンTOP