フコイダンで期待できる効果

フコイダンの免疫活性に関する効果

フコイダン

フコイダンの働きの一つとして、免疫細胞の活性化が挙げられます。

免疫の力には個体差があり、同じウイルスに晒されても感染する人と感染しない人がいます。

ここでは、免疫のメカニズムに関連して、腸管免疫と呼ばれるシステムと免疫細胞による免疫システムとフコイダンとの関連を取り上げてみます。

腸管免疫は、腸で細菌やウイルスへの侵入に対応するシステムです。

腸管は細菌やウイルスが入り込みやすく、パイエル板という腸管特有のリンパ節が免疫機能の重要な役割を果たしています。

パイエル板にはリンパ球やマクロファージ(貪食細胞)が分布しており、細菌やウイルスを排除しています。

食物繊維であるフコイダンは腸管で消化吸収されにくく、腸管のパイエル板に「異物」として扱われます。

「異物」であるフコイダンがマクロファージに捕えられると、「異物侵入」を知らせる情報がヘルパーT細胞というリンパ球に伝わります。

その情報が送られてきて、キラーT細胞・B細胞・NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させ免疫システムがONの状態になります。

免疫細胞による免疫システム強化においては、フコイダンは血液中のマクロファージに見つかって捕えられます。

マクロファージから送られる情報により、全身のキラーT細胞やNK細胞の活性化が促され、免疫システムが働くことになります。

動物実験から、ガンを移植されたネズミにフコイダンを投与したとき、NK細胞が活性化しガン増殖を抑制する働きが認められました。

また、フコイダンにはNK細胞の活性化に関連するインターフェロンγやインターロイキン-12などの産生を促進する働きがあることもわかりました。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダンで期待できる効果