フコイダンで期待できる効果

フコイダンの抗アレルギー・抗炎症の効果

フコイダン

フコイダンはアレルギー症状の緩和の働きも持っています。

体外から異物が侵入すると、体内ではその異物に対する抗体ができます。

抗体を持っていると、次に同じ異物が侵入してきたときそれを食い止める働きが行われますが、異物への過剰な反応が起こり身体に支障が起こる場合があります。

これをアレルギー反応と呼んでいます。

過剰な反応が起こるのは、体内の免疫機構のバランスが崩れているのが一因と考えられます。

フコイダンのアレルギー反応に対する効果としては、Ⅰ型アレルギーの原因となるIgEの産生を抑制する働きが考えられています。

IgE抗体を血液に多く持つ人ほど、アレルギー反応を起こしやすいそうです。

フコイダンは、アトピー性皮膚炎のほか、花粉症等にも効果があったという報告があり、どのようなアレルギー反応にフコイダンが効果をもたらすのかは現在も検討が続いています。

アレルギー症状を起こす人の血中からは、その原因となるタンパク質が検出されます。

人間の消化管はタンパク質をアミノ酸に分解して吸収しますが、分解されないままのタンパク質が消化管を通過して血液中に流れていきます。

フコイダンは、こういったアレルギー反応の原因物質と同じように、消化管壁をすり抜けて一部が血液に流れていることが報告されており、血液中でその効能を発揮することができます。

フコイダンは炎症を和らげる作用があると報告されています。

身体の炎症には、例えば胃炎など内臓に起こる場合、紫外線やアレルギー反応によって皮膚などに炎症が起こる場合などがありますが、フコイダンの抗炎症作用による症状の緩和が期待できます。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダンで期待できる効果