フコイダン関連のトピック

アポトーシス - フコイダン関連のトピック

フコイダン

フコイダンの効果の一つとして、ガン細胞のアポトーシスを誘発する力が挙げられます。

アポトーシス(apoptosis) は細胞が死滅するパターンの一つであり、プログラムされた細胞の自殺とも言えます。

ガンになったり何らかの異常を起こしたりした細胞がアポトーシスによって除かれることにより、健康な細胞を残して生体全体の病気を防ぐ役割を果たしています。

アポトーシスは生物が健全に形作られる過程でも役割を果たしており、オタマジャクシがカエルに形態を変化させるのもその一例です。

胎内でヒトが成長するとき、指の間が埋まった状態で形成され、その後に指の間の細胞が死滅する過程もアポトーシスの働きだそうです。

アポトーシスが働くと、細胞は丸くなって核が凝縮し、その後に酵素によって細胞内部のDNAが切断されます。

切断されたDNAは小さなアポトーシス小胞となって、マクロファージなどに貪食されます。

ガン細胞は、このようなアポトーシスを働かせる情報物質サイトカインを遮断する機能を持っています。

そうなると、アポトーシスが機能せずガン細胞が増えていきます。

フコイダンの働きとしては、ガン細胞の表面にある自殺を誘導する「スイッチ」を刺激して、ガン細胞の核に断片化を起こす過程が考えられているそうです。

アポトーシスとは異なる細胞死の種類に、ネクローシスと呼ばれるものがあります。

これは外傷や血行不全などによって起こる細胞死であり、環境要因によって引き起こされます。

アポトーシスが緩やかな過程で痛みを伴わず細胞が自死していくのに対し、ネクローシスでは急激な変化や痛みを伴いやすく、周囲の細胞の炎症も起こしながら細胞が死んでいきます。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダン関連のトピック