フコイダン関連のトピック

代替療法 - フコイダン関連のトピック

フコイダン

フコイダンは、ガンの治療において「代替療法」に用いられるものとされることがあります。

代替療法とは、通常の医療に代わって行われる療法であり、補完医療や相補医療と呼ばれることもあります。

現代の日本において、医療と言えばいわゆる西洋医療が中心となって行われています。

代替療法は、西洋医療に対する東洋的な医療を指して言われることもあります。

欧米では当然のことながら西洋医療を中心に考えているので、その枠組みに入らない療法を代替医療や補完医療として扱ってきた経緯もあるようです。

アメリカ国立衛生研究所の国立補完代替医療センター(NCCAM)による代替医療の分類には、
(1)代替医学システム、
(2)心身医療的システム、
(3)生物学的治療法、
(4)手技療法や身体ベースの方法、
(5)エネルギー療法があるそうです。

(1)代替医学システムは西洋医学には当たらないが理論と実践を体系化したもの、
(2)心身医療的システムは瞑想など心理面から身体面にアプローチするもの、
(3)生物学的治療法はハーブや民間薬を用いるもの、
(4)手技療法や身体ベースの方法は身体の一部に触れる療法、
(5)エネルギー療法は気功やレイキなど科学的には証明されていない力を使ったり、電磁波を通常とは異なる方法で利用したりするものとされています。

フコイダンの位置づけを代替療法の中で見てみると、現状では上記の(3)に当てはまるものと考えられるでしょう。

人類の長い歴史において、経験的に薬のように用いられてきた食品が、科学技術の発達によって医薬品として効能が証明されてきました。

フコイダンも研究が進めば、代替療法としてではなく、通常の医療の中で医薬品として使われるようになるかもしれません。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダン関連のトピック