フコイダン関連のトピック

沖縄の海藻を使った料理 - フコイダン関連のトピック

フコイダン

沖縄の料理で使われる海藻としては、モズク(スヌイ)、アオサ(アーサ)、海ブドウ、コンブ(クーブ)などがあります。

コンブ以外は、沖縄で採取される海藻が沖縄料理によく用いられています。

沖縄産のモズクは他の地域で採れるものよりも太めで、沖縄では酢の物や天ぷら、卵焼きなどに入れて食べられています。

アオサはきれいな緑色をした海藻です。

味噌汁に入れるのは沖縄でのポピュラーな食べ方で、天ぷらにも利用されます。

海ブドウは近年注目されている海藻です。

ぷちぷちした食感がイクラにも似ており、沖縄ではグリーンキャビアとも呼ばれているそうです。

現在は養殖ものがほとんどだそうです。

海ブドウは醤油などで味つけされて、ご飯にのせて食べたりします。

コンブは沖縄では採取されませんが、沖縄の消費量は全国の中でも1位を競うほどです。

中国への輸出品として北海道から運ばれてきた経緯があり、沖縄料理によく登場する食材です。

クーブイリチー(コンブの炒め煮)はよく知られるようなった沖縄の代表料理ではないでしょうか。

豚肉と一緒にコンブを炒めて煮込んだ料理で、豚肉の動物性コレステロールはコンブのアルギン酸と一緒になって排出されやすくなり、食べ合わせとしても優れています。

沖縄料理でよく使われる食材は、豚肉、昆布、豆腐だそうです。

豚肉は、肉だけでなく内臓・血などあらゆる部位を無駄なく食しています。

沖縄の豆腐は島豆腐とも呼ばれ、水分が少なく大豆のうまみが凝縮されています。

様々な食材をバランスよく、おいしく食べられるように工夫することが、沖縄の人の健康に結びついているようです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダン関連のトピック