フコイダンの利用の仕方

摂取期間 - フコイダンの利用の仕方

フコイダン

フコイダンは健康食品であり、食品と同様に摂取することができると考えられますので、どの位の期間摂取すればよいかなど詳細な決まりごとはありません。

一般的には3~6ヶ月ほど摂取して様子を見るとよいとされています。

効果の現れ方には個人差があり、一般的に高齢者のほうが効果の現れ方が遅いと言われています。

高齢者は若い人に比べると身体機能が低下しており、有効成分を身体に取り込んでいく過程もゆっくりになっていると考えられます。

ガン患者でみられる効果としては、1~2ヶ月で腫瘍マーカーなどに変化が出ることがあるそうです。

日常生活の中での変化としては、食欲が出たり、全体的な体調がよくなったり、抗ガン剤や放射線治療の副作用が軽くなったりするようです。

とはいえ、ガンの進行度や部位によって違いがあることはおわかりいただけるでしょう。

また、ガンが進行すると体温が低くなる人が多いそうですが、フコイダン摂取によって体温が上がってくることがあるそうです。

フコイダンの免疫活性効果が影響しているものと考えられています。

フコイダンの特徴の一つに、摂取による副作用がない点が挙げられます。

ですので、摂取期間が長くなったとしても、副作用による弊害はないようです。

報告としては、フコイダンを摂取した健康な人で正常値の範囲内で白血球数の低下がみられたとする発表があります。

しかしこれは正常範囲内の軽度の低下であり、フコイダンを長期にわたって大量に摂取した場合には留意するとよいでしょう。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダンの利用の仕方