フコイダンの利用の仕方

摂取量 - フコイダンの利用の仕方

フコイダン

フコイダンの摂取量は一日3~6gあるいは30~60mlと言われています。

食品でこれだけの量のフコイダンを摂取しようとすると、90gのモズクのパックを20パックほども食べなければならないという計算に換算されるそうです。

フコイダンの摂取量は、その純度や精製方法によっても変わってきますので、おおまかな目安と考えるとよいでしょう。

フコイダンは、動物実験などでは体重あたりの通常摂取雨量の10~20倍以上を投与しても特に弊害はなかったとのことです。

副作用が少ない点がフコイダンの一つの特徴ですので、体力が低下していたり何らかの病気にかかっていたりする場合、通常量より多めに摂取することも考えることができます。

ただし、病気にかかった人は、食欲も低下し日によって体調が変動しやすくなっています。

体力をつけるためには定期的に摂取していくとよいのですが、体調に合わせて摂取量などを調節するとよいでしょう。

摂取量を増やすとき、大量摂取といって同じ種類のものの量を単純に増やす方法があります。

体調に合わせて少しずつ大量摂取の方向に持っていくと、身体に負担がかかりにくいと考えられます。

またカクテル摂取法という方法もあります。

同じフコイダンでも原料となる海藻などが違っていれば成分が若干異なってきますが、カクテル摂取法の場合、これらの少しずつ違ったフコイダンを組み合わせて通常量より多い摂取量でとる方法になります。

一日1回大量に摂取するよりは、一日の中で何回かに分けて摂取すると、身体の中のフコイダンの量は一定に保たれることになります。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダンの利用の仕方