フコイダンの利用の仕方

低分子・高分子・両分子のフコイダン

フコイダン

フコイダンの製品をいろいろ見ていると、分子の大きさをポイントに考えているものが多く見られます。

低分子のフコイダンは加工の過程で硫酸基の結合を分解し、分子のサイズを小さくしています。

高分子のフコイダンは低分子のものより抽出したままの状態に近く、糖がたくさん結合している状態です。

両分子のフコイダンとは、低分子フコイダンと高分子フコイダンを配合したものを指して、両方の長所を取り入れようとしたものになります。

現状では、どこからが低分子でどこからが高分子なのか、明確な基準はありません。

相対的な分子の大きさとして各メーカーが設定していると言えます。

また、どの程度低分子だと実際に吸収率がよくなるかに関して科学的な結論は得られておらず、まだ検証中の段階のようです。

高分子フコイダンが優れているという考え方では、フコイダンを吸収できる程度に低分子にすると硫酸基を壊す結果となり、フコイダンの効果を期待できなくなるとされます。

また、高分子で吸収されにくい性質を持つからこそ、腸内で吸収されず免疫機構を活性化する働きを導くとも考えられています。

低分子フコイダンが優れているという考え方では、低分子化することで腸から吸収されるフコイダンの量を増やし、その有効成分を血液循環させることができるというものです。

低分子化の過程で硫酸基の結合を分解しない程度に留め、フコイダンの効果を全身に広げようという狙いがあります。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダンの利用の仕方