フコイダンの利用の仕方

フコイダン含有の化粧品

フコイダン

フコイダンは口から摂取する製品だけでなく、化粧品も開発されています。

フコイダンは人の皮膚に浸透しやすく、化粧品に用いると肌になじみやすい特徴があります。

保湿性が高く、皮膚の表面に薄く膜を張って皮膚を保護する作用もあります。

そのような作用から、シワの予防、皮膚の弾力の維持、表皮の肥厚の改善、コラーゲン保持の効果があると報告されています。

最近ではフコイダンを含有した美容液や化粧水、クリームなど様々な製品が出てきました。

また、フコイダンは皮膚だけでなく髪の健康にとってもよいそうで、フコイダンを配合したシャンプーやリンスがあります。

フコイダンには頭皮の毛根細胞を刺激して発毛を促す作用があるとされています。

フコイダンの原料となる海藻を使った美容法として、アルゴテラピーと呼ばれるものがあります。

アルゴテラピーは海藻のパックを皮膚に塗る美容法で、美肌効果があります。

このアルゴテラピーはタラソテラピー(海の資源を活かした美容法)の一つであり、美肌や新陳代謝の促進などの効果が期待できます。

タラソテラピーはフランスが発祥の地とされ、フランスやドイツでは医療保険が適用される伝統ある療法です。

1961年にフランス医学アカデミーによって、海洋性気候の中で、海水・海藻・海泥を用いて行う自然療法と定義され、フランスやドイツでは海洋性気候の中でトータルケアを行う療法をタラソテラピーと呼んでいます。

海洋性の環境の中で呼吸、日光浴、海水浴、海洋性の食事などを取り入れ、海水を利用したマッサージや運動、海藻パックなどを含んだプログラムが医師の指示によって行われているそうです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-フコイダンの利用の仕方