海藻のパワー

海藻の栄養

フコイダン

海藻の栄養には、糖質が主成分で脂質が少なく、低カロリーで食物繊維がたくさん含まれている特徴があります。

そのほか、ビタミンや鉄分、カルシウムも豊富に含まれています。

海藻に含まれる水溶性の食物繊維の一つがフコイダンです。

食物繊維は、人の消化酵素では消化されにくい成分のことを指しますが、化学的には炭水化物の中の多糖類であることが多く、フコイダンもその一種にあたります。

フコイダンには抗ガン作用や血圧抑制、肝機能の向上、免疫強化などの働きが期待できます。

フコイダン以外の食物繊維として、海藻にはアルギン酸も含まれています。

アルギン酸には、腸でナトリウムと結合して一緒に排泄されたり、血中のナトリウムを排出させたりする作用があるため、高血圧を改善します。

また、大腸の働きを活発にする働きがあり、便秘に効果があります。

テングサなどにはカンテンという食物繊維も含まれますが、やはり高血圧の抑制に効果をもたらします。

海藻に含まれるビタミンとしては、
ビタミンC、
β-カロテン、
ナイアシン、
ビタミンB、
ビタミンKなど多様なものが含まれています。

海藻は野菜と同じくビタミン類が豊富な食材と言えます。

ミネラルとしては、カルシウムが豊富に含まれ、骨や歯といった組織を強化します。

カリウムも含まれており、体内のナトリウムを排出する働きを行います。

海藻にはヨウ素という成分も含まれています。

ヨウ素は甲状腺ホルモンとの関係が指摘されている成分で、子供の成長に深い関係があると言われています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-海藻のパワー