カバノアナタケ茶の効果について

カバノアナタケとは

カバノアナタケ茶

「カバノアナタケって、一体何なんだろう?」と思っている方もいると思います。

名前なども聞き慣れないですから、どういったものなのか分からない方も多いのではないでしょうか。

では、カバノアナタケとは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。

カバノアナタケは、北海道を中心とし、北部地域に生息している白樺の樹液により成長していくもの。

海外では、ノルウェイやフィンランドなどの寒冷地域にも生息しています。

カバノアナタケは、白樺の樹液を取り込み成長し、10年から15年かけて塊状になっていきます。

カバノアナタケは、サルノコシカケというキノコに近いといわれており、健康食品として人気のあるもの。

元々、白樺という木はとても生命力の強い木となっており、その白樺に寄生しているカバノアナタケにも、同じ様な生命力の強さを持っていることになります。

カバノアナタケが寄生した白樺は、全ての栄養分を吸収してしまうため、白樺自体を枯らしてしまうほど。

そのため、カバノアナタケは白樺のがんとも呼ばれているんですよ。

その、カバノアナタケには、私たち人間のがんを抑制してくれる効果があるといいますから、なんだかこれは不思議なものですよね。

このように、カバノアナタケは、多くの方に健康食品として、愛用されています。

チャーガとも呼ばれており、カバノアナタケ茶、チャーガ茶として販売されていますから、気になる方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

カバノアナタケ茶

カバノアナタケ茶

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-カバノアナタケ茶の効果について