カバノアナタケ茶の効果について

カバノアナタケの産地について

カバノアナタケ茶

カバノアナタケ茶を購入しようと考え、様々なメーカーをチェックしている方もいると思います。

それぞれのカバノアナタケ茶をチェックしていると、産地などが異なりますよね。では、カバノアナタケの産地について、ご紹介しましょう。

カバノアナタケは、実は寒い地方でしか生育することが出来ません。

そのため、国内では北海道を中心とし、北部地域で生育しているものがほとんど。

海外の場合にも、ロシアやフィンランドなどの寒冷地域により生育しているものとなります。

どうして、こういった寒い地域で生育されるのかというと、それはカバノアナタケは寒い地方の方が、良育されるという特徴があるため。

カバノアナタケには、菌核が行わなければ、生育しにくくなりますから、北海道などの寒冷地の様な温度差が大きな地域で育ちやすいことになります。

元々、カバノアナタケは量が少ないものとなりますが、更に良質のものとなると手に入りにくくなります。

最近では、ロシア産のカバノアナタケが主流となっていますが、購入の際には価格や品質なども確認した上で、選ぶ必要があるでしょう。

やはり白樺の林の絶対面積の広いロシア産が圧倒的となります。

現在、流通量のほとんどがロシア産であり、次にごくわずかですが国産も流通しております。

大気汚染の心配から、やはり中国産は敬遠されております。

人体に影響はないものがほとんどですが、やはり体に良くないものが含まれているものは、誰でも取り入れたくないはず。

不安な方も多いと思いますので、カバノアナタケを購入する際には、しっかりと産地なども確認した上で購入した方が良いでしょう。

このように、カバノアナタケ茶などを購入する際には、産地(ロシアを推奨)などもチェックすることが必要となります。

カバノアナタケ茶

カバノアナタケ茶

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-カバノアナタケ茶の効果について