健康茶とは

健康茶に使われている素材

健康茶一覧

健康茶に使われている素材は実にたくさんの種類があり、その効能が分けられています。

健康茶に使われる代表的な物にドクダミがあります。

どくだみ茶として各種販売されていますが、その効果効能として、
動脈硬化の予防、
高血圧、
血液浄化、
腎機能の改善、
他利用作用もあり、
健康茶の薬草として一番多く使われています。

ついで杜仲の葉があります。
血圧症の救世主といわれるほど血圧に効果があり、中国の「医食同源」でも古くから使われてきて、それが日本にも伝わり多くの高血圧で悩む人が利用しています。

高血圧の原因は、体の様々なバランスの崩れから起こりますし、ストレスなどの精神的なものも関係してきますので、降圧剤を使って単純に血圧を下げればいいというものではありません。

そこに難しさがあるため、副作用のないどくだみ茶で正常な血圧を保うとしている人たちに愛飲されています。

また、はと麦を成分としているものにはと麦茶があります。

昔から「はと麦は肌をなめらかにする」と言われており、肌をキレイにしたり、アトピーで悩んでいる人や、ニキビで悩んでいる人、水いぼ等で悩んでいる人に効果を現す他、アミノ酸のバランスも良いため、新陳代謝を良くする効果があります。

つくしも健康茶に使われています。つくしは花粉症に効果があるとされ、花粉症に悩む人にはお勧めの健康茶です。

以上は健康茶に使われる薬草の一部分にすぎません。

その他健康茶に使われている物には、
すぎな、
たんぽぽ、
びわの葉、
柿の葉、
よもぎ、
他たくさんの素材が使われそれぞれの効果効能を発揮しています。

健康は、体の表に現れた症状だけを改善しようとしても、元を治さなければ無理があります。

昔から伝えられている健康茶で、無理なく気長にそして安全に体質改善をしていこうとしている人達に健康茶の愛飲者が増えています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶とは