健康茶の飲み方

飲みやすい濃さで - 健康茶の飲み方

健康茶一覧

健康茶も他のお茶と同じようにお湯で煎じて飲みますが、特別な決まりとか、入れ方はありません。

ひとそれぞれ好みがありますから、自分の好みの濃さに合わせて飲んでください。

抽出時間は原料となる健康茶の種類によって違ってきますから、ラベルに書いてある表示を確認しながら、初めてのときは薄めに煎じてみて、自分の好みの濃さにしてみましょう。

煎じる時間はメーカーによって違いますから、あくまでも自分が美味しいと思える濃さで飲むことをおススメします。

ティーパックの健康茶も、どのメーカーのものも、一つ使うとかなり濃いめになりますから、他の家族の人が一緒に飲むのでしたら、ティーポットに一つ入れて2人分作ります。

そうすると適当な濃さになります。

一人で飲むだけでしたら、もう1杯分を冷蔵庫に入れておいて、夏場は麦茶代わりにしてもいいですね。

ただ、体のためには暖かい状態で飲むのが理想です。

冷たいものを飲んで体温を下げるのは、免疫力を下げてしまいますので、できれば暖かいので飲んでください。

しかし、夏場の暑いときはどうしても冷たい方が飲みたくなります。

そんなとき、甘い炭酸飲料のジュースを飲むよりは、はるかに体のためにはいいですから、夏場だけは冷やしてもいいですね。

健康茶は、水出しでは成分がよく浸出しにくいですから、必ずお湯を使用しますが、できればネットで煎じるようにしてください。

1袋はかなり出ますので、ほとんどの人が2杯にして飲んでいます。

効果はそれでも同じです。2、3杯作っても色がしっかり出るうちは成分にあまり変わりはないようです。

健康茶のパックは、2~3杯抽出してもまだ出ます。お茶のカテキンはうがいに良いので、インフルエンザ対策にうがい薬の代わりにしている人もいます。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶の飲み方