健康茶の飲み方

用途によって分けて - 健康茶の飲み方

健康茶一覧

健康茶の美味しい飲み方としては、緑茶を飲むときと同じように、お湯で煎じて飲むのが一般的ですが、健康茶の種類や用途によっても飲み方に違いがありますから、その健康茶合った飲み方で飲みましょう。

病院でも健康茶が漢方薬として処方されることもあります。薬として飲む場合には、少なめなお湯で濃く煎じて飲みます。

病院で薬を頂いたときに、一応、飲み方も尋ねてみてください。

一般的に薬局などで買った漢方薬を、健康茶として普通のお茶代わりとして飲むときには、飲みやすい濃さに入れて飲むことで、続けて飲むことが苦痛にならずにすみます。

健康茶に含まれる成分によって、味も香りもかなり違っていますから、風味や好みで好きなものを選んで飲むことができます。

そして、普段のお茶代わり飲むものとか、健康のために朝晩飲むものとか、甘い物の時に飲むと美味しい健康茶や、そして食事時に合うものなど、用途によって飲み分けができるのも健康茶の特徴です。

糖尿病の方の血糖値の改善や、血糖値が気になる人のための健康茶も何種類か販売されています。

大正製薬から発売されている、「グルコケア ペットボトル 600ml*24本」もその一つです。

食事で摂った糖の吸収をしてくれる健康茶で、特定保健用食品となっています。

食事後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれる飲みやすい緑茶です。

飲み方は普通の緑茶のように煎じて飲みます。

また、ホットでもアイスでもさっと溶けるという、血糖値が気になる人のための健康茶があります。

大塚製薬から発売されている「賢者の食卓5g*30包」がそれですが、食事の後にお茶などに溶かすだけという簡単なものです。

ほとんど無味無臭ですから、混ぜたお茶の味や色も香りも変わりません。

スティックタイプですから、外食時も持って行って飲めるので便利です。

以上の他、その人に必要な用途に合わせた特定保健用食品として売られている健康茶は、日清製薬やヤクルトなどの他にも幾つかのメーカーで販売されています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-健康茶の飲み方