菊芋

菊芋豆知識

菊芋 一覧

キクイモの最大の特長といえば、やはり多糖類の一種である「イヌリン」を豊富に含有していることでしょう。

別名「天然のインスリン」とも呼ばれている物質で、これが血糖値の改善に役立つとして脚光を浴びるようになったのです。

他にも、各種ビタミン、亜鉛、鉄、カリウムなどのミネラル、酵素やアミノ酸、抗酸化物質も含まれており、これらとイヌリンの相乗作用によって、すい臓の働きを保護すると考えられています。

菊芋とは?

kikuimo002

菊芋は、“芋”と名前についてはいますが芋科ではなく、キク科ヒマワリ属に分類されています。

戦時中、アメリカら月見草の種がたくさん入ってきたのも、小麦粉などの袋に付いていた種が運ばれる列車から飛び散って、鉄道の線路伝いにたくさんの月見草の花を咲かせました。

なので、別名「鉄道草」などとも呼ばれています。

菊芋が、家畜の飼料用に輸入されたとの記述もありますが、月見草以上に繁殖力の強い菊芋ですから、衣類や荷物に付いてきたものが日本で繁殖したとも考えられます。

ちなみに、ジャガイモの繁殖力も凄いですよ。

キッチンの生ごみを畑に埋めておくと、ジャガイモの皮からしっかり芽を出して花を咲かせていますが、とっても逞しい生命力をもつ菊芋です。

この驚くべき生命力のあり菊芋のイヌリンが人間の健康かに果たす効果が大きい事がわかり、健康食品やサプリメントとなって多くの人に愛用されるようになりました。

菊芋の健康食品を利用した体験談には、1型糖尿病の改善に役に立ったと、黄疸が消えたなどがありますが、イヌリンは肝臓の働きを良くするので黄疸が消えたのだと思います。

そして、「アトピーが軽くなった」とか、「寝汗を書かなくなった」などの他、
「3ヶ月で3キロ痩せた」というダイエットにも効果があった体験を語っている人もいます。

菊芋の脂肪の燃焼効率を良くする効果がダイエットの成功に繋がったのだと思われます。

こんなに価値がある菊芋なのですが、繁殖力が強すぎることから、在来種をダメにしてしまう恐れがあると、環境省から邪魔(^^;)にされています。

pic_g031_r02

菊芋の歴史

菊芋は元々日本にあったものではなく、江戸末期の鎖国が解けたころに伝わってきたといいます。

原産は北アメリカです。

江戸末期に家畜の飼料用として伝えられたとは言いますが、菊芋の生命力や繁殖力から考えて、わざわざ日本に持ってこなくても、自然に入って来てしまったことも考えられます。

菊芋は食べてもあまり美味しくないので、そのまま食べることはほとんどありませんでしたが、戦後の食糧が大幅に不足して、食べる物がなかった時代にはこの菊芋がたくさん栽培されて食糧不足を補っていました。

その後、食糧不足が解消されて菊芋も人々の間からすっかり忘れ去られていました。

家畜の飼料としても栽培されなくなりました。

しかし、近年になって、菊芋の繁殖力の強さや生命力が見直されて研究されるようになりました。

その結果,菊芋 効能がクローズアップされるようになりました。

菊芋 効能では、菊芋の主成分のイヌリンが人間の身体に与える健康効果がいかに大きいかがわかり、健康食品やサプリメントとして販売されるようになりました。

そのため再び全国各地で菊芋が栽培されるようになり、長野県が一番多く栽培されていて、いくつかの土地で菊芋の特産化が勧められているといいます。

減反政策で休耕田になっている田んぼなどでも栽培されているようです。

味のまずさから、菊芋を料理して食べる人も少ないですし、スーパーでも見かけることはありませんが、身体に良い健康食品を作る素材として栽培されるようになりました。

しかし菊芋は、在来の植物を絶滅させるほどの繁殖力の強さがあるため、その事を心配する環境省からは【要注意外来生物】として指定されています。


糖尿病と菊芋

食生活の変化やその他諸々の事情から、昔は中高年過ぎの病気だった糖尿病が、今は若い人にも増えています。

サイレントキラーと呼ばれる糖尿病は、中高年になってさえ突然に表れて驚くのが糖尿病です。

ましてや糖尿病の心の準備が出来ていない若い人が突然糖尿病になったとわかったらショックは大きかったと思います。

ところが厄介なことにこの糖尿病は改善が難しく、完治は無理とされている病気です。

最初は食事療法と運動療法が主になりますが、それらをやってみてダメな場合はインスリンを用いた薬物療法に入ります。

そして、その糖尿病の薬物療法で使われるインスリンが、菊芋の大量に含まれているというので驚きますが、菊芋 効能がわかった今、菊芋が健康食品となって糖尿病の予防と改善に大きく貢献しています。

30代のある若い男性の例なのですが、ある日突然血糖値が500㎎/dlを越えて病院に運ばれました。

インスリン効果でほどなく退院に至りましたが、インスリンを朝と昼と晩の3回毎日注射するようになりました。

その男性とすれば今まで考えもしなかった糖尿病となり、毎日インスリンの注射をしなければならないので、相当なショックだったろうと思われます。

しかし彼は諦めずに糖尿病改善の方法を模索していましたが、ネットで菊芋がいいこということを目にしました。

早速薬局に行って相談して菊芋を始めたのですが、驚くことに数日で血糖値が下がり、それからは、インスリンの注射をするのは夜寝る前だけでよくなっています。

今では菊芋 効能の大きさに驚きと感謝の気持ちで毎日を過ごしているといいます。


菊芋レシピ

菊芋 効能は素晴らしいものがありますが、それはわかっていても、クセがありすぎて食べても美味しくなく、生鮮食品としてスーパーで見かけたこともありません。

私も食べたことはないのですが、長野県ではこの菊芋を全国でも一番多く栽培されるようになったといいます。

健康食品として広まるようになってからの事ですが、痩せた土地でも育つので長野県には相応しいと思います。

しかし、食べてもまずい菊芋とっても、菊芋 効能の大きさを考えればまずいなどと言っていられない場合も出てきます。それは糖尿病の患者さんです。

糖尿病改善を努力している人は、菊芋の調理法を工夫して菊芋を楽しんでいる人もいます。

なんといっても「健康になれる!」と信じて食べることが一番体に効率良く吸収して、良い影響を与えくれるのですから、菊芋 効能の効果は絶大です。

煮物にすると菊芋特有のクセが気になるので、菊芋は煮物よりも炒めの方が向いているようです。

お勧めはキンピラです。千切にしてから水にさらしてあく抜きをします。

そして普通のキンピラの様にして炒めてからちょっと煮ます。

お砂糖とお醤油で味をつけて、ゴマ油を加えて香ばしくします。

器に盛り付けてから白ゴマをかけると香ばしさが増しますし、美味しそうに見えます。

また、普通のキンピラのようにした後、お砂糖と醤油で味をつけるのではなく、カレー粉を使ってカレー風味のキンピラにしても美味しくいただけます。

カレー粉は糖尿病の人にはお勧めなのでカレー風味のキンピラはとても良いと思います。

生の菊芋が手に入ったときは是非試してみてください。

今は菊芋の種の通販で売っていますが、丈夫で育てやすいのでお勧めです。

金の菊芋

▼売れてます!熊本産「金の菊芋」サプリ980円!▼金の菊芋

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-菊芋