菊芋

菊芋の成分と効能

菊芋 一覧

菊芋に含まれるイヌリンについて

kikuimo002

菊芋を語るのに、イヌリンを語らないわけにはいきません。

イヌリンなくして菊芋は無いと言われるほどのイヌリンは、「自然のなかのインスリン」と呼ばれるほどの価値の高いものです。

そのイヌリン効果で、今の菊芋の健康食品のブームがあるのですが、これほど健康効果の高い健康食品はブームで終わってほしくないと思っています。

イヌリンは、糖の吸収を抑えますから、現代人の抱えている成人病の一つ糖尿病の発症を抑え、改善の効果もあります。

糖尿病は一旦罹れば完治は出来ないとされている病気ですが、しかし糖尿病と上手に付き合うことで普通に生活することは可能です。

そんな糖尿病の患者さんが、それ以上症状を重くすることなく暮らせる事をお手伝いできるのが菊芋の健康食品です。

イヌリンの働きは糖尿病患者さんに効果があるあかりばかりでなく、脂肪肝も予防できる嬉しい成分です。

肝臓への効果の働きは、ブドウ糖が作られるのをイヌリンが抑えるため、肝臓へよけいな負担をかけずに済むからです。

私も糖尿病の神経障害まで出た糖尿病患者です。食事療法と運動療法を手ぬかりなくしっかり頑張っていますが、つい食べ過ぎたりしてしまうことがあります。

毎日しっかり決めた量だけを食べていると体の変化がすぐわかります。

ちょっと食べ過ぎて血糖値が上がると、睡眠は十分取ったはずなのになぜ?という状態で眠くなったりします。

なので、血糖値の上昇を抑えてくれるこの菊芋の健康食品は欠かせません。

By: Beck

菊芋に含まれるミネラルについて

菊芋に含まれている大事な成分ミネラルは、日本名では無機質という名で呼ばれていますが、人間の身体にとって体に欠かせない物資であり、“五大栄養素”の一つとなっています。

五大栄養素とは、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルです。

ミネラルの成分には、カルシウム・銅・鉄・亜鉛などがあり、体の機能を維持したり調節をする働きをします。
近年は水道の水を飲まずにミネラルウォーターを購入したり、料理に使うなどをしてミネラルウォーターの愛飲者も増えています。

ミネラルウォーターの利用者が増えたのも、現代人にミネラルが不足していうことがわかったからです。

ミネラルに含まれるカルシウムの成分は、牛乳と同じく骨や歯を丈夫にし、神経のいら立ちを抑え、高血圧や動脈硬化を予防する働きをします。

カリウムは血圧を正常に保ち、心筋梗塞などの予防外。筋肉の収縮を正常に保ってくれます。

このカルシウムが不足するとセロトニンという物質分泌されなくなりイライラとか情緒の不安定を招くとされています。

ミネラルは体内では生成されませんから、食べ物摂る必要があるのですが、日本人の食生活の欧米化が進んでからというものミネラルやビタミン類の慢性的な不足が言われています。

よくハードな運動をやっているときとか、そうでなくても足がつるという人がいますが、その症状がでるのもカルシウム不足が言われています。

健康はお金では買えません。バランスの良い毎日の食生活が大事です。

健康な毎日を手に入れるための方法として菊芋の健康食品を利用することをお勧めします。

pic_g031_r02

菊芋に含まれるビタミンについて

菊芋 効能に大きく貢献しているのが菊芋に含まれている成分の一つ「ビタミン」です。

ビタミンは、人間の身体が順調に作用するためには欠かせない物質です。

そのため人間の身体に欠かせない五大栄養素の一つに入っています。

菊芋に含まれているビタミンには、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6の各種ビタミンが含まれています。

ビタミンCの働きは、病気の予防、免疫力の向上の他に動脈硬化を防ぐなど、健康で長生きするためには特に必要な栄養素とされ、ビタミンの中でも、一番馴染の深い物質となっています。

ビタミンB1は、神経ビタミンと称されるように、神経の働きに大きく関係しているビタミンです。

心臓の状態を整える働きもあるとされるのがビタミンB1です。

ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康維持に関係し、肥満予防の効果や、肌荒れを防ぎ爪や髪の毛の成長を促すという、美容には欠かせない成分です。

糖尿病に秒患者さんにはお茶が良いとされていますが、ビタミンを多く含んでいる気菊芋で作られた、「菊芋茶」などもお勧めです。

糖分を気にする糖尿病患者さんなどは、この菊芋茶を食事の前に飲むことをお勧めしますし、毎日の水分補給に是非、お役立てください。

菊芋茶を1ヵ月ほど続けることで糖の数値を改善した方も多く、もちろんビタミンばかりでなく、菊芋に含まれている天然のインスリンと言われるイヌリンが大きく貢献していつことは言うまでもありません。

血糖値を気にしている方は、普段のお茶代わりにお勧めしたいのが菊芋茶です。


菊芋に含まれる酵素について

多くの野菜の中には酵素が含まれていますが、菊芋の中に含まれている酵素は特別なものがあります。

それも、イヌリンと共に、菊芋 効能の効果を大きくしている理由のひとつです。

安倍総理も酵素を飲んで頑張っておられるようで、都議選の時の応援演説のニュースで言っていました。

酵素には2つの大きな働きがありますが、一つは私たち人間が摂った食物を腸の中で消化吸収させる働きです。

もう一つは新陳代謝を促して正常な代謝の働きをさせるというものです。

昔の日本の食卓の食べ物にはこの酵素を多く含んだものが多かったものです。

味噌、醤油、漬物他納豆と、あえて酵素を摂ろうと考えなくても自然に酵素が摂れていました。

ところが、多くの家庭の食卓が欧米に近いものになったため、酵素があまり摂れなくなりました。

そして、例えば漬物を作っても2階以上の建物は磁石の関係で乳酸菌や酵素が出来ないのだそうです。

私達自身が気が付かないところで、健康にとっては良くないことが進んでいるのです。

酵素は、私達人間の健康に大きく関係している成分です。

その酵素が摂りにくくなっているのですから、菊芋から得られる酵素の存在は大きいと言えます。

せめて、菊芋の健康食品やサプリメントから酵素をしっかり摂って、酵素不足にならないようにしたいものです。

また、酵素の働きは肌を綺麗にしてくれる働きもあります。

糖尿病の改善のために菊芋のサプリメントを飲み始めた50代の女性は、
菊芋のサプリメントを飲み始めたら、始めは荒れていた手が綺麗になって驚いて、その次は顔の肌がとっても綺麗になっているので驚いたといいます。

酵素ばかりでなく菊芋に含まれているビタミンも効いたのだとは思いますが、酵素の働きが大きいように思われます。


菊芋に含まれるカテキンについて

菊芋 効能が見直されていますが、さらにお茶を加えることで健康効果を高めるサプリメントや健康食品が出ています。

健康効果を高めると同時に、日常のお茶の代わりとして飲むことで、しっかりと菊芋取れるからです。

お茶に含まれるカテキンは、体脂肪を燃やしやすくする他、ガンの予防にもなる成分です。

お茶に含まれるカテキンの効果は血中濃度にも関係するので、1日に何回にも分けてまんべんなく飲んだ方が効果はあるといいます。

ちなみに、同じお茶でも麦茶の場合にはカテキンが含まれてはいません。カテキンは緑茶の苦味の成分の中含まれている物質です。

菊芋に含まれているイヌリンが血糖値が高くなるのを抑える働きがあるので、糖尿病が心配している人や糖尿病改善には嬉しい菊芋の健康食品です。

また、緑茶にもビタミンA、C、Eの食物繊維が含まれており、カテキンにも血糖値が高くなることを防ぐ働きがあります。

糖尿病患者さんには水分をしっかり摂るように勧められていますが、緑茶をコラボさせた健康食品でカテキンの健康効果も同時期待出来るので、嬉しい健康食品となっています。

菊芋に緑茶の効果をプラスした健康食品の多くは粉末状になっていて、清潔で飲みやすいものとなっています。
また、粉末ですからお料理の最後に混ぜるなど、工夫して料理の中に取り入れて、健康を維持できるように工夫している主婦もいます。

楽しく飲んで、健康的な生活を送る、そんな生活のために緑茶のカテキンが含まれている菊芋の健康食品もお勧めです。


菊芋に含まれるポリフェノールについて

菊芋の効能の効果を上げている物質にポリフェノールがあります。

ポリフェノールの名前の由来ですが、ポリフェノールは英語で、ポリとは“沢山の”を意味し、たくさんのフェノールを含んでいる事を意味しています。

菊芋に含まれているポリフェノールの効果は幅が広く、
老化を早める活性酸素を抑制し、
動脈硬化の予防をし、
抗アレルギーや殺菌作用があり、
糖尿病を改善する効果や血中のコレステロールを抑制する効果があるので高血圧の予防に役に立ちます。

上記の働きに加えて、消化器系のがん予防にも効果がある物質として、既に多くの人に知られている植物成分です。

ポリフェノールは認知症にも効果があると聞いた私は、認知症だけはなりたくないと、
早速ブドウ酒を買ってきて飲むことにしたのですが、元々がお酒を受け付けない体質の私にはおちょこ1杯のブドウ酒も、飲み続けることはできませんでした。^^;。

しかし、私がポリフェノールと聞いて即、ブドウ酒を想像したのは当たっていたようで、
ポリフェノールが注目されるようになったのは、ワインをよく飲むフランス人に心臓病や脳梗塞が少ないということからでした。

ちなみに、ポリフェノールには、体臭を良い匂いにする効果があるとされています。

緑茶にも入っていますから、菊芋茶の健康食品はさらにいいですね。

これほどまでに多彩に私たちの健康にかかわっているポリフェノールです。

そのポリフェノールがたくさん含まれている菊芋の健康食品の効果は大きいと思いますので、積極的に利用することをお勧めします。


菊芋に含まれる葉酸について

菊芋 効能の元には、あまりにも有名なイヌリンの他、ポリフェノールやミネラル、ビタミン、カルシウムなどがあります。

そして、上記以外にも「葉酸」「ナトリウム」「β―カロチン」「ナイアシン」などがありますが、とくに若い女性にとって菊芋に含まれる「葉酸」に注目してもらいたいと思います。

私が妊娠や出産をしていたころには、母子手帳にも「葉酸」を摂るようにという記述などありませんでした。

しかし、今では厚生労働省でも若い女性の葉酸不足を心配して、妊娠を望んでいる人や、妊産婦さんには葉酸の摂取を指導しています。

葉酸の不足から神経系に障害を持った赤ちゃんが増えていることから、心配されているのですが、なぜ急激に葉酸不足の女性が増えたかは、やはり食生活に原因がありました。

日本人の昔ながらの食生活が大幅に変わって欧米化が進んできました。

それによって野菜不足のバランスの悪い食事になった結果、多くの人が葉酸不足に陥るようになりました。

しかし葉酸不足ではっきりした病気が出てくるわけだはないので見過ごされていましたが、神経系の障害を持って産まれてくる子が増えて、その原因を突き止めていったら葉酸不足がわかったそうです。

葉酸不足は赤ちゃんが障害を持って産まれてくるリスクを高めるばかりでなく、妊娠しにくい体を作ってしまうそうなのですが、それにしても不妊症の女性が増えているのが現状です。

やはり身体は食べ物で作られます。普段の食事で不足しているものを補うための健康食品を見なおしてみる必要があるのではないでしょうか。

そんな時は菊芋の健康食品を1番にお勧めします。

金の菊芋

▼売れてます!熊本産「金の菊芋」サプリ980円!▼金の菊芋

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-菊芋