ガン(癌)とメシマコブ

メシマコブと抗腫瘍性 - ガン(癌)とメシマコブ

メシマコブ

食生活においては、おいしいものが全て体にとって良いわけではありません。

これは経験的に感じることがあると思います。

逆に良薬は口に苦し…なんてことわざもありますが、本当に身体に良いものなら味に関わりなく摂取することも必要だと感じます。

甘くて口にあうものばかりを食していると将来的に糖尿病や高血圧といった成人病を招くことになるかもしれません。

こうしたリスクを減らすためにもバランスのよい食生活をとることが重要です。

食生活はで健康を維持する基本と言えるでしょう。

しかし、それでもガンなどに身体を蝕まれることもあります。

では、それを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

そんなときに注目したいのがメシマコブです。

メシマコブはサルノコシカケ目に属するキノコです。

「猿の腰掛」として漢方薬になることで知られています。

漢方ではいろんな効能が知られています。

例えば、利尿作用をはじめ、下痢を止めるためにも利用されたりします。

しかし、近年、特に注目を浴びるようになったのは、その抗腫瘍性という効能のためです。

腫瘍には良性と悪性がありますが、悪性のものとしてはガンが知られています。

効果の高い食生活を支えるものの一つとしてメシマコブを選んでみてもよいかもしれませんね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-ガン(癌)とメシマコブ